1.むし歯とは

 むし歯とは、ミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態をいいます。歯周病と同じように感染症と位置づけられており、初期の段階では自覚症状がないため自分では気づかないことが多いのが特徴です。
 歯は身体の中で一番硬い組織ですが、その硬い組織が口の中にいる細菌が作り出した酸によって、溶か(脱灰)され歯が崩壊していく病気です。

2.むし歯の原因

 むし歯の原因は何なのでしょうか?むし歯の原因はプラークと呼ばれる細菌です。このプラークが糖を分解してできる酸がむし歯の原因になるのです。むし歯菌はいくつか種類がありますが、代表的なものはミュータンス菌と呼ばれるものです。生まれたばかりの赤ん坊には、このむし歯菌は口の中に存在していません。それが、何らかの原因によって口の中に移ってしまうのです。
 むし歯菌は、糖分を栄養源として活動が活発化します。この活動時に、歯を溶かしてしまう酸を発生します。むし歯菌が歯を溶かすことを脱灰といいますが、通常時は、むし歯菌が活動を停止すると口の中の働きによって歯は元の形に戻ります(歯の再石灰化)。しかし、むし歯菌による脱灰スピードに、歯の再石灰化スピードが追いつかなくなると、歯がどんどん溶かされてしまい、むし歯になってしまうのです。

3.むし歯の進行

 歯科検診で「C1、C2・・・」と言われるこの言葉の数字の部分が、そのままむし歯の進行度合を区分しています。

C1

 C1の状態は、歯の表面のむし歯と言ってもいいでしょう。エナメル質が侵され始めていますが、この部分には神経が通っていないので痛みもありません。この段階でむし歯を見つけることができれば、麻酔も使わずに少し削るだけでよく、詰め物をするだけで済みます。1度の治療で終わることが多いので、できればこの段階で気づきたいものです。

C2

 歯のエナメル質の内側にある象牙質がむし歯になっている状態です。この状態になると、ものを噛んだときに痛みが走ったり、冷たいものがしみるようになったりします。むし歯の自覚症状が出るのはほとんどがこの状態になったときです。


C3

 これは神経にまで達してしまっているむし歯です。物を食べたときだけではなく、何もしていないときでも痛みを覚えます。痛みが強く、神経を取り除く治療を行わなければいけません。鍼のような器具を歯の中に刺して神経や炎症部分を取り除く治療が行われます(根管治療)。市販の鎮痛剤なども効かない程痛みがありますが、それでも治療に行かずに我慢していると、痛みが消えることがあります。これは神経が死んでしまっただけでむし歯が治ったわけではありませんので、忘れた頃に歯茎が腫れて食事ができなくなったり、歯がボロボロになって割れてしまったりします。こうなると治療も困難で抜歯しなければいけなくなりますので、そうなる前に、きちんと治療を受けなければいけません。

C4

 歯の歯冠部が崩壊し、歯の根っこしか残っていない状態です。事ここに至った場合は、歯の神経自体が既に機能を果たせなくなっており、逆に痛みを感じなくなりますが、この状態のむし歯の治療は、ほとんどが抜歯になってしまいます。



4.むし歯の治療

 むし歯の進行具合によって治療法も異なります。

C1
 むし歯の部分を削り取り、その部分にレジンと呼ばれる合成樹脂を詰めます。レジンは歯とほぼ同じ色ですので、特に、前歯で審美性が要求される場合や、むし歯の穴が小さいときには、レジンが多く用いられます。一般的には一回の治療で終了します。

C2
 はっきりと歯に穴が開いていることが確認できるこの状態では、インレーと呼ばれる金属の詰め物や、かぶせ物や差し歯といったクラウンでの治療になります。治療にかかる期間は2回から4回ほどです。

C3
 神経や根の治療を根管治療と言います。むし歯がかなり進行してしまった場合に行われる治療で、リーマー、ファイルと呼ばれる針のような器具を使い、歯の神経を取り除いて根の治療をするものです。この治療はすぐには終わりません。なぜなら、見えない神経を手探りで取り除くので、慎重にならざるをえないのです。神経や細菌を取り残した状態で上から詰め物をしたりかぶせ物をしてしまうと、あとから様々なトラブルが発生し、一度つめた物やかぶせた物を取り除かなくてはいけなくなってしまいます。歯や歯茎、痛みなどの状態を見ながら治療しますので、時間がかかるでしょう。神経を抜いてしまった歯は、部分的にとても割れやすくなっていますので、歯全体を覆うクラウンというものをかぶせます。
 インレーやクラウンの材料としては金属、セラミック、レジン(硬いプラスチック材)などがあります。それぞれに長所や短所があり、材料によっては保険がきかない場合もありますので、歯科医とよく相談しましょう。

C4
 むし歯が進行して末期になると、根が再起不能のダメージを受けていることが多いです。根がだめになってしまうと歯を支えていることができなくなり、歯として機能しなくなります。こうなると抜歯しか方法はありません。治る見込みのない歯を残しておいても、他の歯や骨などに悪影響が出る場合があるからです。抜歯したあとは、ブリッジや部分入れ歯を入れることになります。

5.むし歯の予防

おやつ指導

フッ素

シーラント

ブラッシング
 「歯ブラシをしているのに、なんでむし歯になるんだろう?」というお悩みをたくさんの方が持っていらっしゃいます。実際に一日に複数回磨いてらっしゃる方でもむし歯になる方はいます。

 何故かといえば、“磨いている”と“磨けている”には大きな違いがあるからです。 あくまで、歯ブラシは自分で歯を綺麗にするための道具なので、正しい使い方を知って使いこなす必要があります。

 歯磨きは非常に有効な予防方法の一つですがまちがったみがき方ではきれいにならないばかりか歯や歯肉を傷つけてしまう事もあります。

6.むし歯に関するQ&A

1.むし歯菌はどこから来るのですか?

 生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌は全くと言ってよいほどいないのです。
 では、むし歯菌はどこからやってくるのでしょうか?実はお母さんなど肉親の口からうつる場合がほとんどであるといわれています。ほとんど無菌の状態で生まれてくる赤ちゃんですが、通常2〜3歳くらいまでの間に口のなかにいろいろな細菌が住みついて定着します。それまでの間にむし歯菌のような悪さをする菌がうつってしまうと、一生その赤ちゃんはむし歯のリスクを背負うことになってしまいます。逆にその頃注意をして、むし歯菌の少ない口にすればむし歯をつくることがないかもしれません。

 
ですから赤ちゃんの歯の健康のためにも、特にお母さんは赤ちゃんができる前にむし歯を治療し、口の中のむし歯菌の数をできるだけ少なくすることが大切です。

2.どうして歯をみがいているのにむし歯になるのですか?

 むし歯は1つの原因でできるものではありません。歯の汚れ(プラークや食べかす)だけが原因ではないのです。ですから、毎日歯をみがいていても、甘いおやつを1日中食べたり飲んだりしていれば、むし歯になってしまいます。正しい歯みがきと規則正しい食生活があって初めてむし歯は予防できるのです。また、歯の形はとても複雑ですから、毎日みがいていても、どうしてもみがききれない部分が出てきます。むし歯は、そういうみがき残しの部分からできていくのです。定期的に歯医者さんに行って、すみずみまできれいにしてもらい、詳しく診てもらうことが大切です。

3.むし歯になりやすさって人によって違うのですか?

 顔の形や背の高さが違うように、口の中の状態も個人差があります。むし歯菌の数・だ液の質や量・歯の性質・食べ物の好みなど個人個人で違うため、むし歯のなりやすさも違ってきます。むし歯のなりやすさ(『カリエスリスク』といいます)を判定してもらえる歯医者さんもあります。自分はむし歯になりやすいのかを知っておくことはむし歯を予防する上で重要なことですので、歯医者さんに相談してください。

4.むし歯のできやすいところはどこですか?

 だ液にはむし歯を防ぐための様々な効果があります。口の中でも場所によってだ液が良く行き渡るところと、そうでないところがあります。だ液の届きにくい場所は、だ液の持つむし歯予防作用の恩恵を受けにくく、むし歯が発生しやすい場所だと言われています。
 また、汚れがたまりやすいところもむし歯になりやすいところです。平坦な面とへこんだ部分がある複雑な面では後者のほうが汚れがたまりやすくむし歯になりやすい部分になります。 
具体的には、
 1.かみ合わせる歯の溝
 2.歯と歯の間
 3.歯と歯ぐきの境目
 4.上の前歯の外側 
 5.一番奥の後ろ側
などです。




5.甘いものを食べすぎるとなぜむし歯になりやすいのですか?

 
むし歯菌は糖質を取り込んで酸を出しその結果歯を溶かすのですが、糖質の中でも特に砂糖を取り込むとベタベタした物質を出して歯の表面にむし歯菌の巣を作ります。そのため甘いものは他の食べ物と比較してよりむし歯になりやすい食べ物だといえます。

甘いものは食べる量よりも回数や時間が重要です。甘いものを食べるとむし歯菌の働きにより口の中が酸性になります。酸性の状態にある時間が長ければ長いほどむし歯が発生しやすくなります。甘いものは食べる時間や回数を考えて楽しみましょう。そして食べた後は歯みがきをするなどむし歯予防を心がけましょう。

6.むし歯は生活習慣にも関係あるのですか?

 
大いに関係あります。むし歯は、むし歯菌によってひき起こされる病気ですが、むし歯菌はほとんどの人の口の中にいます(数には個人差があります)。それなのに、むし歯が多い人とむし歯がない人がいるのはなぜでしょう。それ以外の原因があるからです。その原因こそ、生活習慣であるといえます。不規則な生活(特に食生活)がむし歯を招くわけです。逆に言えば、生活習慣を見なおすことで、むし歯はある程度防ぐことができます。規則正しい食生活、毎日の歯みがき習慣、そして全身を健康に保つこと、これらを意識して行なうことが重要です。

7.子どもにむし歯になりにくいおやつの与え方でよい工夫はありますか?

 
時間と回数と量を決めて、それを守ることです。また、おやつの後は歯磨きをする習慣を身につけることも必要です。できるだけ甘いものは控えて牛乳やお茶などの飲み物を一緒に与えましょう。砂糖の入ったジュース類は良くありません。

8.むし歯がなくても歯医者さんに行った方がいいですか?

 
初期のむし歯は適切な処置をすることで治してしまうことができます。ところが初期のむし歯の時には痛みを伴うことは少なく、自分では気が付かないことがほとんどです。初期のむし歯の時期に適切な処置をせず、むし歯が進行して自覚症状が現れるようになると残念ながら元に戻すことは難しく、歯を削って詰め物をするなどの治療が必要になります。むし歯が悪くなってしまう前に進行を止め、元にもどすための処置を受けることができますので、定期的に歯医者さんでお口のチェックをしてもらいましょう。また、普段の歯みがきではとりきれない汚れを定期的に歯医者さんでキレイにしてもらうことは、とてもむし歯予防に効果があります。

9.歯医者さんでむし歯になりにくくしてくれるのですか?

 歯医者さんでむし歯になりにくくしてくれる治療としては、

1.口の中のむし歯菌をとり除いてもらう治療(歯のクリーニングや除菌処置)、
2.歯を強くしてもらう治療(フッ化物塗布)、
3.むし歯になりやすい歯の溝をふさいでもらう治療(シーラント)
などがあります。

10.はえたての歯はむし歯になりやすいと聞きましたが、本当ですか?

 
はえたばかりの歯はまだ未成熟で、酸に侵されやすい状態です。歯がはえてから一年くらいの間はむし歯になりやすい時期なので、この間にフッ素塗布やシーラントなどの一次予防をすることをおすすめします。

11.子供が歯磨きをいやがって、なかなか磨いてくれません。どうしたらよいでしょうか?

 
年齢にもよりますが、初めのうちはお口の中に歯ブラシを入れることに慣れさせることが大切かと思います。歯ブラシを自分のお口の中でもてあそぶことができるようになれば、自主的に磨くようになるでしょう。毎日毎日少しずつやって慣れさせましょう。

12.仕上げ磨きは何歳まで必要ですか?

 
子どもさんが一人でも磨けるようになる8歳前後までは最低でも必要です。この時期は、乳歯から永久歯に萌え変わる大切な時期です(混合歯列期)。未成熟な永久歯はむし歯になりやすいので、この時期は1日1回の仕上げ磨きが必要と考えます。

13.だ液にはどんなはたらきがあり、どんな成分が含まれているのですか?

 だ液にはさまざまな役割がありますが、むし歯にならないように次のような働きをしています。

1.希釈・洗浄作用:
 むし歯菌やたべかすなどをうすめて、洗い流します。
2.歯の再石灰化作用:
 失われたカルシウムやリンを補い、溶けかけた(脱灰した)歯を元に戻します。
3.緩衝作用:
 酸性にかたよった環境を中性に戻します。
4.抗菌作用:
 さまざまな抗菌物質により、細菌の発育を抑制します。
5.歯の保護作用:
 だ液中のタンパクによりペリクルという膜を形成し、歯を保護します。
6.免疫作用:
 だ液中の免疫物質がむし歯菌などの細菌に対してさまざまな防御作用を示します。

だ液には、いろいろな成分が含まれていて、それぞれいろいろな働きをしています。一番多く占めるのは、水分です。この水分によって、口の中の汚れを洗い流したり、飲み込みやすくしたりするのです。その他にも、歯を構成する成分と同じ成分(カルシウムやリンなど)は、むし歯になりかけた歯を元に戻す役割(再石灰化)がありますし、消化を助ける成分やむし歯菌などをやっつける抗菌成分、酸性になった口の中を中和する(酸性になる時間がながいとむし歯になります)成分など、たくさんの重要な成分が含まれています。




COPYRIGHT(C)メイプル歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED