レーザー治療とは

 レーザー歯科治療は、最先端の治療技術です。いままでムシ歯の治療は、エアタービンで骨を削って治していました。まさに恐怖体験です。ところがレーザー治療は、骨を削る必要がありません。ムシ歯の黒く蝕まれた湿った部分に照射すると、それらの部分だけに反応して瞬時に焼き飛ばします。しかし、ムシ歯以外の部分へのダメージはありません。
 レーザー装置も数種類ありますが、中でもEr.YAG(エルビウムヤグ)レーザーは、生体組織の水分に対する反応(蒸散能力)が高く、発熱が少なく、表面 の黒焦げや周囲の組織への影響がほとんどありませんので、安全性の高いレーザー装置といわれています。 また、治療時には、虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。
 また、殺菌効果が高いので難しかった根っこの治療にもレーザー治療は効果を発揮します。痛みもなく、治療期間も大幅に短縮できます。

レーザー治療のメリット
1. 痛みを感じずに治療ができます。
2. ムシ歯になりにくく、歯質そのものを強くする予防ができます。
3. 口の中を殺菌して、口臭や歯周病などの治療が可能になりました。
4. 歯や歯ぐきの色を美しくできます。
5. 口内炎や口の中の痛みが瞬時に解決できます。
6. 顎関節症にも多くの効果が認められています。

歯周病の治療

 歯周病は歯ぐきから血が出たり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。
 レーザーを当てることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。また、歯牙の動揺を軽減でき、歯牙の延命につながります。
 歯ぐきが腫れている場合でも消炎効果と治癒能力を高めることができます。


根の治療

 今までの根の消毒は、薬剤に頼らなければなりませんでした。薬剤に頼りすぎると耐性菌といって薬剤に抵抗力の強い細菌が生まれてしまいます。
 レーザー光は、それ自体に殺菌効果がありますので薬剤を使用しなくてもすみます。また、なかなか薬剤で治らない難治性のものも、レーザー治療では短期間に殺菌することが可能です。

口内炎の治療

 お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。
 入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。
 今までの口内炎の治療は、炎症部分を消毒して薬を塗布して治していました。しかし、うがいをしたり口をゆすいだりしたら薬が取れてしまい、なかなか治りませんでした。また、口内炎は接触痛があり、食事をする時などはつらいものです。
 炎症部分にレーザーを照射するだけで、接触痛は瞬時に軽減します。

メラニン色素沈着

     (歯茎の黒ずみ)の治療

 メラニン色素により黒ずんだ歯肉にレーザーを照射するとメラニン色素が蒸散されて、数回の治療により黒かった歯肉がきれいなピンク色の歯肉に生まれ変わります。
 比較的短期間で効果が現れる上、痛みもありません。


切開、切除

 上唇と歯茎を結ぶひも状の部分を上唇小帯と言いいい、その他同様に頬小帯、舌小帯などがあり、これらの小帯は時に発音障害、清掃障害、萌出障害などを起こす場合があります。こうした小帯を切除する場合レーザーには止血効果があり縫合が不要で治癒も早く有用な場合があります。
 その他の部位を切除、切開する場合でもレーザーが有用な場合が多々あります。


COPYRIGHT(C)メイプル歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED